しめじのおしめじ話し


「におい松茸、味しめじ」といわれるのがほんしめじです。秋、広葉樹林やマツとの混生林内に発生します。傘は灰色、茎は白色で、根元が膨れています。ほんしめじは人工栽培が非常に難しいきのこで商品として流通していることはありません。

「ほんしめじ」「○○ほんしめじ」の名で出回っているのは、ぶなしめじで夏から秋にかけてブナやニレの樹木に発生します。温度や湿度の条件によっては、茎や傘の表面に白い気中菌糸が発生し、カビと間違えられがちですが、食用として問題はありません。肉質がかたく、歯ごたえがあり味も良く、軸がしっかりしたものを選ぶとよいでしょう。

「しめじ」「○○しめじ」の名で出回っているのは、ひらたけです。傘は扇型、表面は滑らかで灰色、茎は白くて短く、味は淡泊で香りも穏やかです。

どちらも、日本では瓶をもちいた菌床栽培が主流で、和風・洋風どちらの料理にもむいています。

 
                            Copyright (C) 2002 有限会社シーランド All right reserved.