レタレタススのお話し

キク科の一年生草木で、地中海沿岸地方から西アジアに広く分布する野生種から進化し、地中海地域で栽培化され、野菜として5000年以上の歴史があります。日本では奈良時代以前から掻きチシャが使われ、江戸時代には、「農業全書」に品種・栽培法・料理方法などが書かれています。1960年以降、サラダ洋生野菜として西洋ブームを作ったのがレタスです。

生で食べることができるので、調理による栄養分の損失が少なく、ビタミンA・鉄分・カルシウムなどのビタミン、ミネラル類が豊富で、さらにリンゴ酸やクエン酸を含んでいるので、さわやかな味わいがあります。

最近は品種改良が進み、さまざまなレタスが出回っています。種類として、最もポピュラーな「プレーンレタス」・結球がゆるやかで、葉肉が厚く、さわやかな苦味がある「サラダ菜」・葉が縮れて先が赤茶色で、わが国だけにしか通用しない商品名の「サニーレタス」・苦味があるため軟白生育しないと、ちょっと口にできない「チコリ」・チコリの仲間で半結球状で葉は肉厚、苦味がほとんどなく彩りが美しいのでサラダむきな「トレビュス」・淡泊な味と柔らかい歯触りが身上の「グリーンカール」があります。

レタス類は、いずれも包丁で切らず、手でちぎったほうがうま味が出ます。食べる直前まで冷水に浸しておくと、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめます。

保存は切り口に水を含ませた綿をあて、ラップに包んで冷蔵庫へ入れると鮮度が保てます。

                       Copyright (C) 2001 有限会社シーランド. All right reserved