お茶壺道中と都留市の関係

 茶壷道中と谷村関係年表(『徳川実紀』より)        

慶長18年(1613)
  3月30日  日下部五郎八宗好採茶の事奉り宇治に赴く。
寛永10年(1633)
  2月19日 歩行頭朽木与五郎友綱、神尾宮内少輔守勝、近藤五左衛門用行、安藤次右衛門正珍巡年に宇治茶詰の事奉はる。
  3月 4日 歩行頭朽木与五郎友綱宇治茶詰の事命ぜられいとまたまう。この月(3月)加藤肥後守忠広が伏見の邸宅府庫を引うつして、宇治の上林峯順勝盛が宅地に構造せられ、茶庫並番所とせらる。小堀遠江守政一、権左衛門政尹これを監せり。
寛永18年(1641)
  3月朔日 歩行頭石野八兵衛氏照宇治採茶奉りて暇賜ふ。数寄屋のともがらも同じ。
  7月 7日 次に歩行頭石野八兵衛氏照宇治より帰謁す。
  10月 5日 歩行頭石野八兵衛氏照甲州へ茶壷とりにまいるとて暇給ふ。
  10月 8日 歩行頭石野八兵衛氏照甲府よりかへり参る。
慶安2年(1694)
  3月朔日 歩行頭岡部小次郎忠次宇治採茶のいとま下さる。
  7月29日 御茶壷を甲州郡内より持参するとて、歩行頭岡部小次郎吉次この事うけたまはる。
  8月朔日 歩行頭岡部小次郎吉次甲州郡内より帰り参る。
慶安3年 (1650)
  3月22日 松平伊豆守信綱は茶壷のことを掌り、阿部豊後守忠秋は刀剣のことを掌るべしと命ぜらる。
  3月26日 歩行頭大久保荒之助忠辰宇治採茶の暇給ふ。茶道等もおなじ。
  4月27日 この日諸老臣に宇治茶を試みしむ。
  6月25日 歩行頭大久保荒之助忠辰宇治より帰参す。
承応3年(1654)
  10月14日 歩行頭小出越中守尹賀に茶壷のこと命ぜられ、甲州谷村につかはさる。(尾張記、紀伊記)(国初には宇治の茶をとる事、歩行頭京にまかり、その茶を壷に収め、愛宕の山頂に納め、一夏をすごして冬にいたり。江戸に持かへりしが、中頃より愛宕をとゞめられ、京より直に甲州谷村へつかはし、夏中をかれたりしとぞ。それも今はまた変じて、府城富士見櫓に置るゝことゝなりしといへり)(数寄屋方傳)
延宝4年(1676)
  6月10日 御側松平因幡守信興に茶寮の事つかさどらしめらる。
天和3年(1683)
  4月26日 徒頭永見甲斐守垂直宇治採茶の暇給ふ。
  8月26日 徒頭小出下野守守里、甲州谷村へ茶壷とりにつかはさる。
  9月 7日 徒頭小出下野守守里甲州谷村より帰謁す。山城国宇治の里の茶めさるゝ事は、寛永9年よりはじまりて、そのかみは茶道頭一人、坊の地は代官所よりこれを供し、私領は領主々々よりあつくもてなし、其をごそかなるさまたとふるにものなし。厳有院殿の御時より、茶壷を愛宕山に収むる事はとゞめられ、甲斐国谷村に収め置て、護送の人は皆府にかへり。
 秋にいたりまたかしこに赴きて、携へかへる事とせられしかど、猶駅路の費、役夫の労少からず。
 公かねて其よししろしめしければ、道すがら護送の者ともを饗する事をやめられ、また徒頭の警衛をもとゞめられて、二条城に在番する大番一人をそへらるゝ事となりしに、元文3年(1738)より、
谷村に収置事もやみて、今は京よりたゞちに府に送り、富士見の櫓にいれ置るゝ事となれり。かゝりし後は、行役苦をはぶく事、少からざりしとなむ。