北斗市民の唄
      北杜の杜賛歌

   
    作詞 村田さちこ  作曲 池辺晋一郎

             

       唄 合唱  
 
1朝な夕な 見慣れたはずの 
 里景色
 離れたとたん 恋しくなる
 西に 甲斐駒 北に 八ヶ岳
 東に茅・瑞がき 
 南に遥か 富士の山
 山々に いだかれて
 光に いだかれて
 花は あふれて
 時には 歌うように ながれて
 いつの季節も 澄みやかに
 輝かに 北の杜は


2どんない深く 深呼吸しても  
 まだ吸える
 都会に出ると 吸えないけど
 西に 甲斐駒 北に 八ヶ岳
 東に茅・瑞がき 
 南に遥か 富士の山
 大空に つつまれて
 しじまに つつまれて
 風に つつまれ
 夢は歌うように 羽ばたき
 いつの季節も 澄みやかに
 輝かに 北の杜は


 
l