調理のコツ

ニンジン

風邪の予防にカロチン

ニンジンやブロッコリー、ほうれん草などに多く含まれるカロチン。体内でビタミンAとなり、のどの粘膜を強くする働きがあります。ただし、生のままのニンジンなどを食べても、カロチンは体に10%程度しか吸収されません。

野菜いためにニンジンを加えると、油がオレンジ色になることにお気づきですか。これがカロチン。油に溶け出す性質があり、体内でも脂肪とくっついて取り込まれます。油でいためたときのカロチンの吸収率は、生の5〜7倍にもなり効率よく摂取することが出来ます。

いためるだけでなく、例えば、油成分の多いドレッシングやマヨネーズであえたり、肉、魚など油脂を多く含む食品と組み合わせても、カロチンの吸収率は高くなります。

風邪をひきそうなったらニンジンの出番です。カロチンを多く含む緑黄色野菜は風邪の天然予防薬。食卓をカラフルに演出するよう心がけながら、たっぷり有効にとりましょう。

                          Copyright (C) 2001 有限会社シーランド. All right reserved.