調理のコツ

カボチャ

面取りで味、形よく

甘味が強くホクホクとした歯ざわりが特徴のカボチャの煮物ですが、煮汁が濁ったり、煮崩れてしまったりすることがあります。今回は形にこだわってみましょう。

面取りは、四角に切ったカボチャの辺を1,2mm幅で落とします。角は火が通りやすく、真っ先に柔らかくなり、煮崩れてしまうことがあります。逆に皮は、固くて火が通りにくいのです。皮の一部をむいて火の通りをよくし、味を染み込ませませしょう。緑の皮のむき具合や角のない丸みを帯びた身が、美しさをいっそう引きたてます。

煮る際にも工夫が必要です。火の通りの悪い皮を下にしてなべに並べます。カボチャ同士が重なると、柔らかくなった身が重みで崩れてしまいます。重ねずに並べられるなべを選ぶのも煮崩れを防ぐポイントです。竹ぐしがスーッと入れば出来上がりです。

濁りの原因ともなる中央のわたは、面取りの前に種と一緒にスプーンで取っておきましょう。うるおいのある肌に保つビタミンAを豊富に含むカボチャです。美しく仕上げましょう。

                         Copyright (C) 2001 有限会社シーランド. All right reserved

.