世直し勘兵衛

作詩・小林和生 作曲・天童次郎


唄 不詳

1 米を作れど 米食えず
  あくどい仕打ち 年貢米
  太桝作る 悪代官
  見るに見兼ねて 立ちあがる
  正義の味方 世直し勘兵衛
  
2 百姓泣かせの 太桝を
  老中さまに 訴えりゃ
  お上にたてつく 不届きと
  投獄されて 尚叫ぶ
  義勇の闘志 世直し勘兵衛


3 牢屋つながれ リンチ受け
  命にかえても 人のため
  不正の太桝 廃止され
  領民救い 獄死する
  救世の闘志 世直し勘兵衛
  

寛政の大桝騒動の首謀者鮎沢勘兵衛
領内54ケ村農民一揆の発頭人として新桝不正年貢取り立てのため
百姓困窮し決起すそして投獄・毒殺される。
後に収穫農政は改められた。 塩山熊野の人63歳没