『いつかある日

       
  作詞
 深田久弥(ロジェ・デュプロ原詞)     
  作曲 西前四郎

     

いつかある日 山で死んだら
古い山の友よ 伝えてくれ

母親には 安らかだったと
男らしく死んだと 父親には

伝えてくれ いとしい妻に
俺が帰らなくても 生きて行けと

息子たちに 俺の踏み跡が
故郷の岩山に 残っていると

友よ山に 小さなケルンを
積んで墓にしてくれ ピッケル立てて

俺のケルン 美しいフェイスに
朝の陽が輝く 広いテラス

友に贈る 俺のハンマー
ピトンの歌声を 聞かせてくれ

遭難した友を懐かしむうたである。この曲を歌うと涙がでてくる。友を山で失ったわけではないが、亡くなった友を思い出すし、いつかは訪れるであろう、親しい人との別れを考えてしまうのである。
「雪山に消えたあいつ」とともに悲しい歌の双璧と思う。

山が好きなものだったら理解できるのではないかと思う。

ダークダックス

中澤厚子