山中湖音頭

作詩 明本京静 作曲 明本京静
編曲 明本京静

昭和??年

唄 小林良巳・長瀬世紀子・本間充
日本文化合唱団

1 ここは山中 この世の楽土
  ホイノホイときた
  鴨も小鴨を背って遊ぶ
  フントソウズラおまえソウズラ
  背ってあそぶ


2 春は夢見る 落葉松ばやし
  ホイノホイときた
  合いにチラホラ富士桜
  フントソウズラおまえソウズラ
  富士桜


3 私しゃ山中みずうみ育ち
  ホイノホイときた
  富士の御山が親代わり
  フントソウズラおまえソウズラ
  親代わり
  
4 水がぬるめば かわいいマリモ
  ホイノホイときた
  浮いて出るから見においで
  フントソウズラおまえソウズラ
  見においで
  

5 富士と添い寝のバンガロキャンプ
  
ホイノホイときた
   夢にマリモがお出迎え
   フントソウズラおまえソウズラ
  お出迎え


6 湖が鏡か 鏡が湖か
  ホイノホイときた
  舟でのぼったさかさ富士

   フントソウズラおまえソウズラ
  さかさ富士


7 ここは岬か スケートリンク
  ホイノホイときた
  思い出す日のネコ柳
  フントソウズラおまえソウズラ
  ネコ柳


8 
合いの籠坂 霧さえ晴れて
   ホイノホイときた
  富士もほほ笑む二人ずれ
  フントソウズラおまえソウズラ
  二人ずれ