鵜飼い恋ごころ
   
    作詞 竹内秀秋  作曲 丸山富二子
             
編曲 中島昭二
               
       唄 杉浦裕美  
 
1誰に抱かれて 小舟にゆれて
 好きなあなたと 手ぐり綱
 持ち津つ持たれつ 結ばれた
 石和いとしや 笛吹川は
 鵜飼どころよ 水鏡


2浴衣の胸を 夜風でつつみ
 好きなあなたと いるだけで
 恋のかがり火 燃えて咲く
 しみじみとしみじみと
 引く手返えす手 巧みわざ
 鵜飼どころよ 華しずく


3しぶきに濡れて 水面のかげに
 好きな二人の 夢をのせ
 情けふかさが またあふれ
 石和・いとしや 笛吹川は
 鵜飼どころよ 宵あかり


歌っている歌詞が違っているところがあります
これは最初の歌詞とは違っているのは、木曽三川の表現に
歌詞を代えて全国向きの唄にして改めて吹き込んだものです
はじめの作詩の心は「笛吹川・石和鵜飼によせて」の想いで
作詞したもので、最初の歌詞をそのまま掲載していますので
齟齬が生じています。