月見草の女

作詩 和 咏子 作曲 南郷達矢

平成23年
 

 唄 吉村明紘

1月がこぼした 涙のしずく
 染まって泣いてる 月見草
 笛吹河原の 鵜飼の手縄(タナワ)
 切るに切れない 男の未練
 初めて知った 恋だから
 ゆれている ゆれている
 愛しい人よ


2君と渡った この鵜飼橋
 一人でたたずむ 淋しさよ
 つないだ右手の ぬくもり残し
 月の影から 見ていてくれる
 淡いかおりが 沁みる夜
 忘れない 忘れない 愛しい人よ


3川の流れと 月日の流れ
 もう一度この手で 戻したい
 黄色のひとひら 愛しく見つめ
 優しく噛んでも あなたは亡ない
 月に抱かれた 月見草
 さようなら さようなら
 愛しい人よ

カラオケ