トンコ節

作詩 西条八十 作曲 古賀政男



 唄 久保幸江

  言えばよかった ひとことが
  なぜに言えない打ち明けられない
  馬鹿な顔して また帰る
  恋は苦しい おぼろ月
  ネーエ トンコ トンコ


  あなたのくれた 帯どめの
  達磨の模様がチョイと気にかかる   
  さんざ遊んで ころがして
  あとでアッサリ つぶす気か
  ネーエ トンコ トンコ
  

  君とわかれて ただひとり
  帰る夜道で たばこを吸えば
  伊達のライターも 音ばかり
  涙湿りで 火がつかぬ
  ネーエ トンコ トンコ


  自分の浮気は たなに上げ
  留守に尋ねた 男はないか
  髪のみだれが あやしいと
  これが男の くせかいな
  ネーエ トンコ トンコ


  こうしてこうすりゃ こうなると
  知りつつこうしてこうなった二人
  惚れた私が わるいのか
  まよわすおまえが わるいのか
  ネーエ トンコ トンコ