天屋節
尺八   米谷市郎
おはやし 芦沢妥子
      嶋田和子

唄 中沢久雄 

1 ハア〜 
  寒い風だよ 武川の風は
  イヨーヨト
  ひやりひやりと ヨー
  身に沁みる
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ

2 天屋商売 乞食にゃ劣る
  イヨーヨト
  乞食ゃ夜寝て 昼稼ぐ
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ

3 零下十五度 草つく杵の
  イヨーヨト
  音も凍るよ 天屋節
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ

4 天屋小僧に 惚れるな女子
  イヨーヨト
  花の三月 泣き別れ
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ
  
5 天屋小僧と 軽蔑するな
  イヨーヨト
  家に帰れば 若旦那
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ

6 暑い寒いも 気の迷い
  イヨーヨト
  寒中河鹿は 水の中
  ハア〜 ドッコイ ドーダイ  

天屋節は白州町大武川に伝わる寒天製造の時の作業うたである。
寒天、トコロテンを寒中凍結させ、乾燥してつくる。
テングサなどの紅藻類を煮て粘質物を取出し、凝固させてトコロテン
を作ることは、約千年前から始められ、食用に供されていた。

この地に伝わる天屋節は、寒天つくりとともに長野県茅野から伝え
られたものである。大武川の天屋節はかっての趣をそのまま伝え
ている。

都合により4・5・6番は唄っていません。