玉穂ふる里音頭

作詩 宮原哲夫 作曲 岡 千秋

昭和??年

唄 松山恵子

1 アッ ソレ
  花も実もある 玉穂の町は
  ほんに住みよい 暮らしよい
  富士と八ヶ岳とが ほほ笑む空に
  今日も繁盛の 日がのぼる
  サアサ玉穂音頭は めでたい音頭
  手拍子合わせて みな踊ろう
  ア ヨイヨイ


2 アッ ソレ
  土の匂いに 文化の香り
  のせてあしたの 人づくり
  水もみどりの 笛吹川に
  写す医大の 若い眉
  サアサ玉穂音頭は なかよし音頭
  手拍子合わせて みな踊ろう
  ア ヨイヨイ

    
3 アッ ソレ
  山も盆地 人情の露に
  咲いて彩ます 梅の花
  ひかり輝く 工業団地
  燃える力が 弾む町
  サアサ玉穂音頭は はりきり音頭
  手拍子合わせて みな踊ろう
  ア ヨイヨイ


4 アッ ソレ
  北へ南へ 中央道が
  のびる栄える 夢が湧く
  つなぐ手と手に 甲斐路の明日を
  拓く玉穂だ ふる里だ
  サアサ玉穂音頭は しあわせ音頭
  手拍子合わせて みな踊ろう
  ア ヨイヨイ