玉穂町歌

作詩 石本美由紀 作曲 小川寛興

昭和??年

唄 デューク・エイセス

1 甲府盆地の 豊かさを
  笛吹川の 水が呼ぶ
  人の力と 人の和で
  理想貫く 根を張って
  希望咲かせる 梅の花
  働く町ぞ 学ぶ町
  住みよい町ぞ われらの玉穂


2 永い歴史に 新しい
  産業の道 ひらくのさ
  汗の尊さ かみしめて
  つねに雄雄しく 発展の
  鍬を打ち込む 町づくり
  働く町ぞ 学ぶ町
  栄える町ぞ われらの玉穂
  
3 空の青さと 野の緑
  自然の恵み かぎりなし
  町を愛して 町に生き
  高く使命の 火を燃やし
  甲斐の未来を 担うのさ
  働く町ぞ 学ぶ町
  伸びゆく町ぞ われらの玉穂