すずらん娘
   
    作詞 石川美実  作編曲 牛若蒼太郎
           

               
       唄 石川美実  
 
1あの娘と出逢った 鶯宿の
 蛍が飛び交う 夏祭り
 峰から昇る まるい月
 二人の行手 照らしてた
 黒髪長く 美しい
 浴衣姿の すずらん娘


2芦川せせらぎ 水清く
 水面に舞い散る 山桜
 小さな肩を 抱き寄せて
 並んで歩く 足下に
 咲いてる花よ 君に似た
 笑顔可愛い すずらん娘


3白樺林に 木漏れ日が
 すずらん畑に 注いでる
 林を渡る 涼風に 
 微笑み小首 傾げてた
 愛しい君よ 白い花
 匂い漂う すずらん娘


4二人が出逢った その日から
 別れが運命と 感じてた
 強く生きよと 言った夜の
 あの娘の瞳 濡れていた
 忘れはしない 若い日よ
 いまは帰らぬ すずらん娘