武越ひろ子

それが男というものさ

作詩 藤間哲郎 作曲 佐藤富房


 唄 武越ひろ子
   
  

1 一度決めたら 二度目はいらぬ
   それが男というものさ
   惚れた塊り かなぐりすてて
   恋はこれっきり あきらめた

2  花のあの娘は 穢れを知らぬ
   俺がいたんじゃ 棘をもつ
   未練心はさらさら ないが
   なぜか涙が 出てならぬ

3  酒は飲んでも 飲まれちゃならぬ
   それが男というものさ
   明日は他人の あの娘のために
   ひとりしみじみ 飲んでやる

  

武越ひろ子