信玄堤(霞提)

信玄は前述の様な治水工事を行い、次の手として高岩の下流域に『霞提』と呼ばれる堤を作っている。

これは、現地案内板に記されている左の図のように、川の両岸に流れに対して逆八の字型の堤を、それぞれ一部が重なるように何段にもわたって築いていく物である。
川の流れを柔らかく受け止め、背景地を守るとともに、大きな洪水の際は、溢れた水が下流の隙間から再び川に戻っていく仕組みになっている。
現代のような強力な堤防を作ることができなかった時代の知恵である。

釜無川には霞提の痕跡がわずかに見られる。これが今日、信玄提と呼ばれる堤防である。

信玄は更に、高岩と霞提の間で水の勢いを弱めるための工夫を行っている。

高岩のすぐ下流に岸から川に向かって突き出すような形で作られた、『出し』と呼ばれる土塁である。
信玄の頃は、一の出し 二の出しと呼ばれた二つの出しが存在したようだが、現在では一の出しだけが石とコンクリートで作り直された格好で残っている。
これによって、水の流れの勢いを更に弱め、霞提の負荷を軽減したのである。

左の図も現地の案内板にあったもので、『聖牛』と呼ばれるもの。『出し』と同様、水の勢いを弱めるために川岸に配置される。
牛が背中を丸めて座り込んだ形をしているのでこう呼ばれるようだ。聖牛の『聖』の意味は確かなことは不明であるが、案内板では『超』とか『スーパー』『ウルトラ』といった意味ではないかと説明している。

今日でも使われている聖牛、後方から見た姿はまさしく牛の背中のように見える。

信玄は以上のような釜無川治水工事を20年の歳月をかけて行った。
今日これらの技法は、『甲州流防河法』と呼ばれ現在でも通用するところが多々あり、信玄の功績はおおいに評価されている。
治世当時も領民から『御屋形様』と呼ばれて慕われていた所以である。
これらの施設は、JR中央線 竜王駅に程近い信玄橋から川上の双田橋にかけて点在する。