とうふ(豆腐)のお話し

たんぱく質、いくつかの必須アミノ酸、リノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸、ビタミンB1とビタミンE、鉄や亜鉛、カルシウムなどのミネラル分など、人間が生きるために欠かせない大事な成分が豊富に含まれています。しかも、豆腐ではたんぱく質や脂肪が吸収されやすい形になっています。

豆腐の歴史は古く、2000年前から作られていたと言われます。豆腐の「腐」は「くさる」という意味ではなく、中国語で「固まる」とか「柔らかい固体」という意味です。日本には奈良時代に中国の留学僧によってもたらされ、鎌倉時代までは主にお寺で食べられていたようです。室町時代になると、一般庶民も豆腐を食べるようになり、さらに江戸時代には安価で色々な料理に適合する食品として不動の地位を築くことになります。

木綿豆腐:大豆の10倍の水で豆乳を作り、凝固剤を入れて固めた後、一度形を崩して箱型に入れて押し固めます。箱型には水切りの穴が開いていて、布を引いて使います。この時のあとが木綿豆腐の布目になります。箱型に入れずにそのまますくったものが寄せ豆腐。ザルにあげて自然に水切りしたものがザル豆腐です。

絹ごし豆腐:大豆の5倍の水で濃い豆乳を作り、穴の開いていない箱型に流して凝固剤を入れて、そのまま固めたものが絹ごし豆腐です。水切りをしていないので、水分が多くなめらかな食感になります。

国産大豆、天然にがりなど、素材が良く、製造年月日の日付が新しいものを選び、買ったその日に使いきってしまうのがベスト。水を加えて密閉容器で保存すれば、冷蔵庫で2〜3日はもちます。


                               Copyright (C) 2002 有限会社シーランド All right reserved.