あじのお話し

世界中の暖海域に広く分布し、暖流にのって小回りする回遊性魚類です。種類は真あじ、むろあじ、しまあじなど。真あじは、あじの中ではもっとも水揚げ量が多く、大きさによって、20cm前後のものを中あじ、10cm以下を小あじと区別して呼ぶこともあります。一年中みられますが、最盛期は6月〜8月。

栄養・・・・たんぱく質、血液をサラサラにして血栓を予防する不飽和脂肪酸(エイコサペンタエン酸)を含みます。

目利き・・・目が澄み、身に光沢とはりがあるものが新鮮です。魚はわたをつけておくと鮮度が落ちてしまいます。すぐに調理にかからないときも、買ったらすぐにえらやはらわたを取り除いておきましょう。

調理のヒント・・・真あじの新鮮なものはたたきや刺身、酢の物に。塩焼き、フライ、煮物、つみれにしてもおいしい。むろあじは、主に干物、しまあじは刺身に、小あじはから揚げにして甘酢漬けや南蛮漬けに。


                        Copyright (C) 2001 有限会社シーランド. All right reserved