長編歌謡浪曲
戦国塩物語


作詩・作曲 三波春夫 
  編曲 佐藤川太

昭和??年

唄 三波春夫

 ぶどう畑の 葉はも枯れて
 秋風そぞろ 身に沁みる
 甲府盆地の 昏に
 たなびく霧は 戦国の
 夢を包んで 四百年

 都は遠く 海も無い
 この山国の くにたみを
 愛しつづけた 信玄公
 山の姿に 何想う
 類い稀なき 英雄が
 その横顔に ふと見せた
 悲しき影を 誰が知ろ


 「何んと 越後の上杉が塩を送ってくれたと申すのか!  うむゞ 勇将鬼小島弥太郎を使いとして 上杉殿があの塩を。 ・・・駿河の今川、相模の北条に塩を断たれ、甲斐と信濃の領民の苦しみ、難儀を観るにつけても予は断腸の想い であった 

     

 思わずホロリ、ひとしずく
 閉じた瞼に 浮かぶのは
 栄六四年 秋九月
 川中島の 戦場で
 朝霧突いて 現れた
 馬上の武者は 矢の如く
 我をめがけて 真っしぐら
 「信玄覚悟と」 斬りつけた
 軍配持って 受け止めて
 はじき返した 太刀先に
 眼光燃ゆる 凄まじさ
 これが越後の兼信かと
 身の毛がよだつ 想いした
 あの兼信が 戦を越えて
 塩を送って くれたとは
 如何なる心の 大きさか
 人の情が 身に沁みる


 「勝頼よ、儂に若しもの時あらば 兼信殿に相談せい。これは遺言だぞ だが、家老共、越後の塩商人から一両 でも高く買え、上杉の情に報いる武田の真心だ、それは又甲斐源氏の力を示 すウワーハハハ、戦じゃわい」


 勝頼聞けよ 者共よいか
 年が開けたら出陣ぞ
 風林火山の 旗なびかせて
 汐の花咲く
 海を見ながら 東海道を
 京の都へ 上るのだ
 京の都へ 上るのだ
       

川中島古戦場説明