戦国武将

    
作詞 桜本 繁 作曲 天龍好司
               編曲 村田幸穂


         唄 三浦洸一 
 ああ 戦国の世に生まれ
 その名も高く 智にたけて
 武将の誉れ とどろかす
 武田信玄 軍扇かざし
 月映え燃えて 冴え亘る
 いま 英雄の影深し


 ああ 信濃路の川風に
 怒涛の飛沫 押し寄せる
 矢叫びの声 空に満つ
 駿騎幾万 勝鬨の波
 海津の城に こだまして
 いま 剛勇の名は高し


 ああ 八幡の加護のもと
 乱世の時代 治め上ぐ
 武将の涙 幾何ぞ
 甲斐の雄者の 偉業を讃え
 詩いあげるか 茜雲
 いま 名雄の夢はるか