『甲斐国志』巻八二『甲斐国社記・寺記』通巻三二に拠れば、円光院の前身は八代郡小石和郷(笛吹市石和町)に建立された清光寺で、清光寺は甲斐源氏の始祖である逸見清光(源清光)の開創であるという。室町期に甲斐守護武田信守により父信重の菩提寺として再興され、成就院と改められる。石和の地は室町期までの武田氏の本拠地であったが戦国期には武田信虎により居館が甲府へ移転され城下町が整備され、城下には武田氏の庇護を受けた諸寺院が成立する。成就院も永禄年間に武田信玄(晴信)により甲府城下に移転され甲府成就院となり、甲府五山のひとつに定められる。武田氏からは茶湯料・屋敷分として林部・石和の地に18貫文を寄進されている。

弘治2年には信玄の信任を得て伊予国安国寺(愛媛県東温市)から甲府へ赴いた遠叔が住持となっており、永禄7年には説三恵の住持が確認されている。『寺記』に拠れば、元亀元年に死去した信玄正室三条夫人(円光院殿)の菩提寺で、三条夫人の院号に因んで改称し、境内西には三条夫人の墓所である宝篋印塔が造営されているほか、江戸時代に甲府藩主となった側用人の柳沢吉保は武田遺臣の後裔を称し恵林寺の信玄霊廟などを造営しており、円光院においては石灯籠を寄進している。

本尊の釈迦如来像は南北朝期の造仏で、京都の円派仏師による制作と考えられている。衣の表現には金泥地に截金と盛上げ彩色で繊細な文様を表現し、棲雲寺(甲州市)像との共通が指摘されている。また、山梨県内に伝来する韋駄天像は円光院の旧蔵で、釈迦如来像と同時期の制作であると考えられている。後補の兜内側には天文21年(1552年)年紀と作者寿泉書記の朱漆銘文が残り、寿泉については武田家との関わりも深い窪八幡神社(山梨市)の本殿壁板墨書銘に名が見られる寿仙と同一人物であると考えられている。ほか、円光院武田家系図や勝軍地蔵像・刀八毘沙門天像などの寺宝を所蔵しているほか、円光院文書が伝わる。

      月・三条夫人
 
    
作詞 竹内秀秋 作曲 湯舟守明

       
      唄 藤野とし恵

1 雁が飛びゆく 京の空
  父母いかに おわします

  みそひともじの ことのはに
  こめてゆかしや 紅つつじ

  ああ夢はるか 三条夫人
  
2 更ける館に 人はなし
   吹く篠笛も 母の情
   いくさが断ちし 父と子の
  さだめ悲しや 雨に泣く
  ああ肩ぬらす 三条夫人
  
3 胸に武田の 血を秘めて
  勝機を京に いのりつつ
  天下をめざす 軍配の

  かげにりりしや 名をのこす
  ああ道ひらく 三条夫人

4 梅咲き匂い 菊かおり
  九輪の塔に 月あわし
  円光院の 松風に
  花の命や 五十年
  ああ昔日の 三条夫人

 

三条夫人
天文5年16歳になり元服の式を挙げた信玄は精華7家のひとつである三条太政大臣の娘を迎えることになった。三条夫人の姉は細川勝元夫人、妹は本願寺の顕如の裏方という名門の姫君であった。
 夫人が信玄正室として京より入峡した翌年、天文6年2月には今川義元が信虎の娘すなはちしんげんの姉定恵院を室に迎えて、今川、武田の両家に同盟が結ばれた。
天分7年に長子義信、さらに10年に第2子信親(竜芳)、そして第3子の信之を出産。女子では相模の北条氏正室となった黄梅院を天分12年、、また穴山信君室となった見性院をその2、3年後にもうけた。
 三条夫人は信玄に先立つこと4年、元亀元年(1570)7月28日50歳で没した。

三条夫人墓所

円光院山門