忍野八海神の水

作詞 澤登初義  作曲 古谷 宏
            
太鼓 天野 宣

唄 二葉百合子

1 富士の白雪 朝日にとけて
  とけて胎内 七十九年
  こんと湧きます 忍野の里に
 
 忍野八海 忍野八海 神の水
  ソーレ どんどんどんと
          打て竜神太鼓
  八鈴神鈴 守り鈴 守り鈴


2 富士は木の花 花咲く女神
  女神守るか ハリモミ イチイ
  繁る千軒 高原忍野
  ソーレ どんどんどんと
          打て竜神太鼓
  八鈴神鈴 守り鈴 守り鈴


3 葉月八日は 八海祭り
  祭り忍野の 緑の風に
  仰ぐ赤富士 大黄金笠
  ソーレ どんどんどんと
          打て竜神太鼓
  八鈴神鈴 守り鈴 守り鈴
 

霊峰富士の胎内より湧き出でる八つの泉は、昔から「神の泉」と崇められ、いくつもの「伝説」が語り継がれています。
 忍野八海は八つの湧水池から成っています。その昔、忍野村は「宇津湖」という湖だったそうですが、延暦に富士山が大噴火し、そのとき流れた溶岩流によって、湖は山中湖と忍野湖に分かれてしまいました。忍野湖は富士五湖と関連する一つでしたが、川の浸食や掘削排水のため枯れてしまいました。忍野八海は、その時残った富士山の伏流水の湧出口の池として、今日存在しています。
 富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水槽という溶岩の間で、約80年の歳月をかけてろ過された澄みきった水。美しく神秘的であり、移り変わる四季に彩られた富士を水面に映し込んだ姿は、訪れた人々に、水本来の姿と護るべき美しさをそっと訴えているようにも感じられます。
 水質・水量・保全状況・景観の良さから、昭和60年に、全国名水百選に選定されています。また、新富岳百景選定地でもあり、国の天然記念物にも指定されています。