大月かがり火音頭

作詩 作曲 不詳

唄 不詳

1 燃えるかがり火 岩殿山は
  小山田公の心意気
  ひとつ灯せば 大月の
  希望継がれて かけ上る
  みせてやりたい 夢灯り


2 燃えるかがり火 太鼓が響く
  夜風も嬉し 笛の音
  ひとつ灯せば 大月の
  唄と踊りと手拍子と
  浴衣そろえば 気もそろう


3 燃えるかがり火 桂川の岸でよ
  水面に跳ねる鮎と鮎
  ひとつ灯せば 大月の
  愛の光は 二人して
  映す今宵の 鏡岩


4 燃えるかがり火 打ち上げ花火よ
  星屑わけて 花と咲く
  ひとつ灯せば 大月の
  力たばねて 町づくり
  つぼみひらいた 白い指
ピオーネ

岩殿城主・小山田信茂