大泉村歌

村政施行120周年

作詩 金田一春彦 作編曲 坂田晃一

平成8年

1 富士の峯に 朝日昇れば
  アルプスは 黄金に輝く
  野は広く 大気は澄みて
  夏の日の 暑さを知らず
  おのずから 温泉の噴き出でて
  冬の夜の 寒さを忘る


2 キセキレイ 水辺に舞えば
  カラマツは さみどりに萌え
  ホトトギス 空に名乗れば
  ヤマツツジ 地に咲き匂う
  名にし負う 多き泉は
  水清く ヤマメ瀬をのぼる


3 村人は 勤勉律儀
  睦み合い 他と争わず
  田を開き 畑を返し
  豊かなる 秋を楽しむ
  八ヶ岳の峯 夕映え赤し
  明日の日も 幸多からん