笈形慕情

作詩 大田三元 作曲 望月吾郎

昭和??年
 

 唄 小島加奈

1 流れる雲を 涙に映し
  遠ざかる 夢をたどれば
  誰を呼ぶのか 山鳩の
  鳴いて悲しい ひとり旅
  霞む山の端 墨絵のように
    
2 うす紅色の 花びらひとつ
  風に舞い 髪にからんだ
  思いきれない 恋ならば
  なんで捨てたと 言いながら
  笛の音はこぶ 川の黄昏
  

  
3 旅に出ますと 手紙を残し
  この恋に 別れた昨日
  これも運命(さだめ)と 湯の宿に
  夢を流せば はらはらと
  笈形焼きの 灯りが揺れる

  

春日井駅