にらさき哀歌

作詞 木下俊子 作曲 北杜幸一
             

唄 北杜幸一 

1 韮崎七里岩 桃の花咲く
  新府のあたり 菜の花畑に蝶が舞う
  遠い昔のあの女に 似ているような
  甲斐駒ヶ岳 揺れるかげろう
  ああ 燃えている

2 韮崎七里岩 八ヶ岳背にして
  富士山仰ぐ 白い横顔白い手も
  遠い昔のあの女に 似ている様な
  観音様よ 秋の小雨に
  ああ 濡れている

3 韮崎七里岩 夜空に大きく
  列車の灯り 車輪の音も侘しげな
  遠い昔のあの女が 呼んでるような
  発車のあいず 胸に木枯らし
  ああ 八ヶ岳おろし