日本一だよ一宮

作詩 池田 翔 作曲 原田直之

昭和??年
 

 唄 原田直之

1 春をヨー(ソレ)
  春を呼びます 日本の春を
  咲いて浮かれて 桃の花
  菊の御紋の おみゆきさんの
  神輿追うよに 薫ります
  ホンに楽しや 一宮(ソレ)
  日本一だよ 一宮


2 夏をヨー(ソレ)
  夏を焦がして 大久保山に
  夢が燃えます 大文字
  若い太鼓が 信玄さんの
  心伝えて 響きます
  ホンに楽しや 一宮(ソレ)
  日本一だよ 一宮


3 秋をヨー(ソレ)
  秋を彩る 葡萄の房が
  風に揺れます 光ります

  旅のお方の 頬染めながら
  今日も賑わう ワイナリー
  ホンに楽しや 一宮(ソレ)
  日本一だよ 一宮


4 冬をヨー(ソレ)
  冬を忍んで 膨らむ蕾

  夫婦梅咲く 朝が来りゃ
  柳芽を吹く 笛吹川に
  春がそこまで 花の里
  ホンに楽しや 一宮(ソレ)
  日本一だよ 一宮