霧笛が俺を呼んでいる

作詩 水木かおる 作曲 藤原秀行

赤木圭一郎

霧の波止場に帰って来たが
待っていたのは 悲しいうわさ
波がさらった 港の夢を
むせび泣くよに 岬のはずれ
霧笛が俺を 呼んでいる

鋳びた錯に からんで咲いた
浜のタ顔 いとしい笑顔
きっと生きてる 何処かの町で
さがしあぐねて 活にたてば
霧笛が俺を 呼んでいる

船の灯りに 青中を向けて
沖をみつめる 湘しいかもめ
海で育った 船乗りならば
海へ帰れと せかせるように
霧笛が俺を 呼んでいる

赤木圭一郎