御坂馬子唄

唄 望月真光

1 御坂夜道は なにやらこわい
  ハイ ハイ
  早く音を出せ ほととぎす
  ハイ ハイ
  

2 今日の寒さに 主さんは御坂
  ハイ ハイ
  お手に手綱が こおりつく
  ハイ ハイ
  

御坂馬子唄

不詳

1 御坂夜道は なにやらこわい
  ハイ ハイ
  早く音を出せ ほととぎす
  ハイ ハイ
  

2 御坂峠の 観音様は
  ハイ ハイ
  わしら夫婦の 守り神
  ハイ ハイ
  
3 菊は輝々 葵はかれる
  ハイ ハイ
  ごらんかつどわら はしずやく
峠御坂を人や荷物を乗せて越える
馬方たちが歌った唄。河口湖畔の
市場で買い取った品物を夜を徹し
て甲府の問屋へ運搬する仕事は
厳しい辛いものであった。