甲州盆唄


唄 大塚文雄

1 身延の者は声がよい良い筈だソレ
  南天山の水のむ
  ドッコイ 南天山の水のむ
 
 
2 何たる江戸の絵描きでも平岡のソレ
  柚子の木ゃ絵には 描けまい
  ドッコイ
   柚子の木ゃ絵には描けまい
  
3 甲府の城の金桜 夜も咲くソレ
  昼間も咲いて 実がなる
  ドッコイ 昼間も咲いて実がなる


4 市川文殊知恵文殊 女にゃ針ソレ
  男にゃ硯 墨紙
  ドッコイ 男にゃ墨紙


5 一番鳥に家を出て夜明けにはソレ
  石和の宿でまごまご
  ドッコイ 石和の宿でまごまご


6 富士山よりも八ヶ岳 八ヶ岳ソレ
  麓は殿の御在所
  ドッコイ 麓は殿の御在所
県内には多数の盆踊り唄があるが
、身延町下山に伝わる唄を編曲し、
昭和30年頃甲州を代表する唄とし
て統一し、甲州盆唄とした。
民謡歌手の大塚文雄が歌っている
が、民謡の中の加々美絹子と比べ
てもおもしろいのではないでしょうか?