甲府の女

作詩 望月吾郎 作曲 望月吾郎
        

平成??年
 

 唄 三井ただし

1真珠のような瞳が 語りかけるのさ 
 桜吹雪の夜の 舞鶴城 
 ハーフコートの 襟元で
 淋しく揺れてる 白いうなじが
 初めて交わす唇 甲府の女よ
  
2ひかる素肌がそっと誘っているのさ
 花火咲いてる夜の 小瀬の祭りよ
 浴衣の裾を 手で押さえ
 朝まで一緒に 居たいとすがる
 肩の震え ぬくもり 忘れはしない


3別れ言葉がジンと 心に沁みるさ
 枯葉舞い散る夜の 甲府駅
 愛のしるしと オパールの
 細い指先に 涙がにじむ
 
消える列車 見送る 甲府の女よ

甲府城(舞鶴城公園)