甲府城物語

作詞 竹内秀秋 作曲 関戸公明
             

唄 飯野保子
詩吟 山口機心


1 めぐる石垣 追手門
  桜吹雪の 城あとは
  えにしゆかしき 一条小山の城下町
  堀は水澄み 雲うつし
  櫓太鼓の 夕映えに
  鶴が舞う舞う 甲府城

2 淡い夕月 袖に濡れ
  姫のおもかげ 夜の宴
  誰を慕うか三十一文字の恋の和歌
  甲府勤番 旗本も
  こころ燃やした 天守台
  夢を呼ぶ呼ぶ 甲府城

詩吟
   山紫水明 天地清し
   逸材傑出す 甲斐の里
   回顧す興廃君知るや否や
   一夢春秋 舞鶴の城

3 冨士をはるかに 愛宕山
  しのぶ甲斐路の 謝恩塔
  ときは流れて 甲州軍団春四月
  あがるのろしに 信玄の
  駒もいななく まつり晴れ
  風が吹く吹く 甲府城