ここにはいつも富士がある

作詩 岩谷時子 作曲 いずみたく

昭和??年

唄 合唱

1 陽が光る 川が流れる
  白樺の並木の 果ては
  幸せの 青い湖
  ごらんよ 風が舟押してゆく
  そして夜は 恋の火祭り
  ラララ美しいふる里
  私たちの市(マチ)
  地球に空が あるように
  ここにはいつも 富士がある


2 富士桜 市(マチ)の恋人
  遠い日の名残を 抱いて
  どこまでもつづく 家並み
  おききよ あれは鶴(都留)の
  羽ばたき
  今日も機(ハタ)の 音が聞こえる
  ラララ 美しいふる里
  私たちの市(マチ)
  地球に空が あるように
  ここにはいつも 富士がある