上条河原の戦


大永元(1521)年駿河今川家の臣福島正成は1万5千の大軍をもって甲斐に進入。9月16日西郡富田城を落としいれ、さらに北上の形勢を示した。武田信虎公は大井夫人を積翠寺要害山城に避難させ、2千の兵をもって荒川左岸飯田河原に陣した。10月10日両軍は激突したが、信虎公のすぐれた指揮と将兵の善戦、領民上下の協力により大勝を博した。勝報を聞いた大井夫人は安堵して11月3日男子を安産した。すなわち晴信公である。敵は態勢をととのえて又も北上し、荒川の西方竜地台に陣した。
 
23日荒川上条河原で二度目の激戦があったが、信虎公以下の健闘によりふたたび大勝し、敵将正成以下六百余を討ちとった。同6年9月公は上条河原の戦跡に敵味方戦死者の供養碑を建てた以来百五十余年、信虎公の偉功はややむすれば忘れられんとしている。ここに有志相謀り、陣場の戦跡に碑を建てて公の威烈を顕彰し、併せて敵味方戦死者の供養に資するものである

勝鬨上条河原

作詞 澤登初義 作曲 山本丈晴
            編曲 馬場  良

唄 双葉百合子

1 桜並木の 石踏みしめて
  耳をすませば 川瀬の音が
  遠い武田の 歴史を語る
  勝鬨の おお勝鬨の上条河原
 
 詩吟
  大永元年憂い秋深く
  武田の存亡旦夕に迫る
  時に誕生す勝千代の君
  甲軍欣然として白雪を蹴る


2 旗は王者の 四つ菱武田
  風に鳴る鳴る 出陣太鼓
  今日は若殿 誕生いくさ
  勝鬨の おお勝鬨の上条河原