甲斐音頭

作詩 堀部光彦 作曲 磐田光司

平成??年  

唄 原 愛佳

1 冨士のお山を 屏風に見立て
  今日もにっこり 甲斐娘
  見張る 胸張る あの娘のお笑顔
  眩しすぎます(アチョイト)
  日本一(アソレ)
  甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)


2 甲斐のお国は 果物宝庫
  桃の畑にゃ モモ娘
  甘い香りに お味は如何
  籠を持つ手が(アチョイト)
  色っぽい(アソレ)
  甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)


3 可愛い娘が 摘んでくれた
  赤いルビーの さくらんぼ
  嬉し恥ずかし この胸添えて
  何処のどなたに(アチョイト)
  あげましょか(アソレ)
  甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)


4 ぶどうワインの 香りを乗せて
  甲府バイパス 西東
  実り豊かな 甲州ぶどう
  見ごろ熟れごろ(アチョイト)
  食べごろよ(アソレ)
  
甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)


5 虹は七色 湯の香は十色
  石和湯村に 下部の湯
  天下名高い 温泉の郷は
  お湯に浸かれば(アチョイト)
  美男美女(アソレ)
  
甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)


6 武田信玄 偲べば昔
  甲斐の誇りの 名武将
  名所 旧跡 どかんとあるが
  我が家の武将は(アチョイト)
  女房殿(アソレ)
  
甲斐路よいとこ 手拍子揃え
  踊りゃ和になる歌になる(アソレ)