かいじよさこい  

    作詞曲 小俣八郎  編曲 勝俣健治

               
       唄 富士見早苗  
 
1八ヶ岳から 富士山見たら
 吉田恋しや 灯が見える
 招く甲府は ネオン川
 ソウレ よさこいの
 よさこいのこい
 かいじ日本のど真ん中


2武田武士なら 城などいらぬ
 今も昔も 同じこと
 晴れてかいじは 人の波
 ソウレ よさこいの
 よさこいのこい
 かいじ日本のど真ん中


3旅の芭蕉さんの 名残の歌は
 おらがふるさと かつぬまや
 馬子もブドウを 食いながら
 ソウレ よさこいの
 よさこいのこい
 かいじ日本のど真ん中


6郡内通れば あの機の音
 親も子も織る 孫も織る
 嫁も錦の 機を織る
 ソウレ よさこいの
 よさこいのこい
 かいじ日本のど真ん中


 4番・5番省略