市川楮打ち唄

1 オオオ ヤレヤレヤレヤレ
  ソーダヨ ソーダヨ 
  アドッコイサノサ
  かぞ草打ちに 頼まれて打つも嫌
  打たぬも 義理のわるさや


2 オオオ ヤレヤレヤレヤレ
  ソーダヨ ソーダヨ 
  アドッコイサノサ
  市川文殊 知恵文殊 女にゃ針
  男にゃ 硯 墨 筆
  

3 オオオ ヤレヤレヤレヤレ
  ソーダヨ ソーダヨ 
  アドッコイサノサ
  芦川土手が 切れたなら市川じゃ

  紙漉糟で 漕ぎ出す


4 オオオ ヤレヤレヤレヤレ
  ソーダヨ ソーダヨ 
  アドッコイサノサ
  七月過ぎて 盆過ぎて 市川の  

  花火の場所で 逢いやしょう


5 オオオ ヤレヤレヤレヤレ
  ソーダヨ ソーダヨ 
  アドッコイサノサ
  市川焼けた みな焼けた御陣屋が
  残りて 名主ゃし合せ


楮打ち唄は、西八代郡市川大門町で、和紙の製造こうていである
楮の樹皮を煮て臼でつく時の作業うたである。
「かぞ」は「こうぞ」の訛ったもの。楮は高さ三メートルにも及ぶ落葉
潅木で、くさではない。
唄いだしのところで「楮草打ち」と唄ったのは、盆地一円でうたわれた
「田の草取り唄」の《田の草取りにたのまれて》の歌詞をかりたのでこ
のように歌ったものとおもわれる。

この唄は、市川大門町の村松徳右衛門さん(故人)が歌ったものの録
音がのこされており、それを元にして復元したのだと思われる。