甲州種

石和パラダイス小唄

作詩 若杉藤夫 作曲 下鳥良文
         編曲 菊地恒夫
        

 唄 米山むつみ

1 桜咲く頃 富士山超えて
  つばめさえ 年に一度は
  あの娘と住める ちょいと故郷よ
  白い湯けむり 愛の運命
  ここはパラダイス ソリャ
  石和温泉 恋の町

2 ちぎれ雲さえ 見とれています
  華かに 咲いたネオンは
  男を酔わす ちょいと正夢よ
  摘んだ一厘 胸に抱いて
  ここはパラダイス ソリャ
  石和温泉 恋の町

3 甲斐の旅路は ワインにぶどう
  品の良さ 自慢じゃないが
  旅の人よ ちょいと召し上がれ
  深い情けの あじがしみて
  ここはパラダイス ソリャ
  石和温泉 恋の町

4 酔えばぼんやり 今夜の月は
  なんとなく 似てる宿の娘
  貴方好きよ ちょいとささやいた
  またの逢える日 心待ちに
  ここはパラダイス ソリャ
  石和温泉 恋の町

鵜飼