飯田河原の合戦
   
    作詞 武内秀秋  作曲 一瀬公弘
              
      唄 内田つとむ
       鈴木正夫
         
 
1一万五千に 味方二千
 いかに信虎 火玉と攻める
 飯田河原の 合戦は
 天にはゆるか 笹嵐 笹嵐


2軍師・荻原常陸之介の
 奇襲夜襲は 戦の鏡
 飯田河原の 合戦は
 まんじ からめ手 敵を呑む
            敵を呑む


詩吟
 大永元年 霜月の秋(ころ)
 攻め来る今川 荒川のほとり
 武田の危急 この一戦にあり
 奮戦迎撃して 敵将の首級あぐ


3ときに勝千代 誕生するや
 かわす祝杯 勝鬨太鼓
 飯田河原の 合戦は
 旗もきらめく 虎印 虎印

鈴木正夫

内田つとむ

飯田河原の合戦

大永元(1521)年駿河今川家の臣福島正成は1万5千の大軍をもって甲斐に進入。9月16日西郡富田城を落としいれ、さらに北上の形勢を示した。武田信虎公は大井夫人を積翠寺要害山城に避難させ、2千の兵をもって荒川左岸飯田河原に陣した。10月10日両軍は激突したが、信虎公のすぐれた指揮と将兵の善戦、領民上下の協力により大勝を博した。勝報を聞いた大井夫人は安堵して11月3日男子を安産した。すなわち晴信公である。敵は態勢をととのえて又も北上し、荒川の西方竜地台に陣した。
 
23日荒川上条河原で二度目の激戦があったが、信虎公以下の健闘によりふたたび大勝し、敵将正成以下六百余を討ちとった。同6年9月公は上条河原の戦跡に敵味方戦死者の供養碑を建てた以来百五十余年、信虎公の偉功はややむすれば忘れられんとしている。ここに有志相謀り、陣場の戦跡に碑を建てて公の威烈を顕彰し、併せて敵味方戦死者の供養に資するものである