ひとりの甲府
 
 作詞 井口弘久 作曲 井口弘久

 
唄 飯野のりこ

 むらさき匂う ブドウの棚は
 
秋風さそい 運び来る
  ひとりたずねた あの園で
  小雨に濡れて 君を待つ
  ああ 雨が降る 甲府の街に


2 苔むす石の あの城跡に

  そっとほころぶ 桜花
  ひとりたずねて たたずめば
  昔の名残り 偲ばせる
  ああ 灯がともる 甲府の街に
 

3 湯の香匂う いで湯の街は
  木陰が淡く 揺れている
  ひとり仮寝の 侘しさは
  夢もおぼろに 消えてゆく
  ああ 夜は更ける 甲府の街に

甲府舞鶴城公園