平見城哀歌
   
    作詞 武内秀秋  作曲 小田切逸憲
            編曲 中島昭二

               
       唄 武井孝夫  
 
1御岳ざくらが 春を告げ
 偲べと言うか 尾根づたい
 太刀岡山の 風聞けば
 知る人ぞ知る 声がする
 ああ 敷島の 平見城


2浮世ばなれの 夕がらす
 迷って啼いて どこへ行く
 亀沢川の 葦の葉を
 こぼれて消えた 夢もある
 ああ おもかげの 平見城


3乳牛が夜明けの 富士をよび
 根っこを掘りし 開拓地
 伝えて語れ 人生は
 待つ春めぐる 咲き薫る
 ああ 風雪の 平見城

カラオケ