花いさわ

作詩曲 坂本ま数馬 編曲 東山公明

昭和38年

唄 藤 栄子

1富士山と 甲斐の山々に見守られ
 石和に朝が 訪れる
 笛吹川の せせらぎが
 旅の疲れを 癒してくれる
 心に残る ああ 花いさわ
  
2桃源郷 桃の花咲く春の日に
 訪ねたことを 忘れない
 まるでピンクの 絨毯敷き詰めた
 春の象徴 眼に焼き付くわ
 おもてなしの ああ 花いさわ


3昇仙峡 日本一番の渓谷美
 映画や絵画で 目にします
 切り立つ岩肌 たくさんの滝や瀬を
 馬車で眺める もみじの頃に
 くつろぎ下さい ああ 花いさわ