花・北条夫人

作詩竹内秀秋 作曲一瀬公弘


唄 飯野のりこ

1 雲の乱れは 戦の運命
  燃えて崩れた 新府城
  勝ちを給えと 願文りの文も
  雪に舞う 雪に舞う 雪に舞う
  ああ花の命よ 北条夫人


2 笹子峠か 天目山か 
  行く手血染めの 武田菱   
  露の玉の緒 小袖にぬれて
  風に散る 風に散る 風に散る
  ああ花の涙よ 北条夫人


3 紅は匂えど 心に秘めた    
  夢も儚い 乙女像
  時は流れて 景徳院は
  春に咲く 春に咲く 春に咲く
  ああ花の十九歳よ 北条夫人
  

北条夫人は勝頼の正室で相
模の北条氏康の六女として1564年に生まれた、名前は不明、母は側室である松田憲秀の娘。