富士川と人のかかわりは、古くは万葉集や平家物語にも詠まれ、江戸時代には漁夫が投網をしている様子が葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」にも描かれています。

  上流域の釜無川では、毎年4月に信玄堤で御幸祭が行われます。古くから親しまれている祭りで、西暦825年、純和天皇のときに勅使を下し、支川笛吹川流域の一宮、二宮、三宮の各神社に命じ、釜無川の水防祈願を行ったのが始まりと言われています。武田信玄は、この祭りを治水の祭りとしました。

甲州鰍沢から見た富士川と富士山 御幸祭
甲州鰍沢から見た富士川と富士山 御幸祭
秋には、「信玄堤ウオーク」が行われ、ウオークしながら施設や関連河川を学習出来ます。 支川笛吹川流域では、春は桃の花、秋の葡萄が有名です。流域の石和温泉では、笛吹川で鵜飼が夏に行われます。平安時代に始まったと言われていますが、鵜匠と鵜が徒歩で川に入る「徒歩鵜」と呼ばれる漁法で、昭和51年に蘇りました。「みずウオーク」石和温泉大会には県内外から多くの方が参加しています。

 釜無川と笛吹川が合流する市川大門町の和紙は、シェア40%を誇ります。市川和紙の隆盛に貢献した紙工を祭る「神明の花火」が毎年8月、富士川で行われ、山梨県下一の花火として、多くの観客でにぎわいます。この花火は、武田氏の狼煙の打ち上げから始まったと言われています。

神明の花火大会 南部の火祭り
神明の花火大会 南部の火祭り
 中流域(山梨県)の身延町には、日蓮上人創建の久遠寺があります。 南部町では、富士川の河原で「南部の火祭り」が旧盆に行われます。大松明や燈籠流し投松明など、美しい炎で仏を供養し、川を鎮める勇壮なお祭りであります。

 

富士川慕情

作詞 中山大三郎  作曲 望月吾郎

             編曲 池多孝春


唄 神野美伽 

1 川沿いの 道を歩けば
  そよ風が 髪にやさしい
  この道の 青い小立に
  思い出が ふるえてる
 *あゝ夏の日の たそがれ時だった   
  泣きながら 別れたふたり
  富士川の まつりの笛が
  今もなお とおくきこえる


2 あの橋を 渡りましょうか
  富士川が とてもきれいね
  あの人も 思い出すでしょう
  清らかな 恋の月日を
  あゝさよならの訳さえ知らないで
  いつまでも 泣いていた私
  少しだけ 過去にもどって
  もう一度 逢ってみたいの

 *繰り返し
  泣きながら 別れたふたり
  富士川の まつりの笛が
  今もなお とおくきこえる