富士が燃える

  
作詞 原 武雄 作曲 原 武雄
          編曲 磐田光司

      唄 原 愛佳  

1 真っ赤にもえる 夕焼けが
  富士を包んで 燃え上がる
  あの日歩いた 甲州路
  赤く染まって 舞い立つ鳥は
  磯野千鳥か うぐいすか
  燃える思いが 燃える思いが
  富士焦がす

2 月の出を待つ 山肌に
  夕日を浴びる 月見草
  富士に似合いの 花だから
  太宰治も 峠の茶屋で
  富士を見上げて 詩にした
  燃える思いが 燃える思いが
  富士焦がす

3 四季を彩る 富士の山
  焦がす夕日が 冷える頃
  雲の襟巻き 綿帽子
  映す鏡は 五つの湖水
  富士はおしゃれの 山だから
  燃える思いが 燃える思いが
  富士焦がす