富士エレジー

作詩 西条八十  作曲 古賀政男

   昭和27年  

 唄 三島敏夫

1 君は裾野の 草刈り乙女
  僕はさみしい 旅の人
  想い初めたは 夕焼け富士が
  五つの湖水に 映る夏


2 れんげ躑躅が 真っ赤に咲いた
  道を寄り添い 歩く時
  遠く啼いてた 山ほととぎす
  応えるこだまも 若かった


3 いつか裾野に 秋風吹いて
  お山じまいの 火祭りの
  篝火悲しい 吉田の街で
  出会うたあなたは 人の妻

4 富士の姿は 変わらぬものを
  変わる湖水の 波さみし
  今日もなけなけ 山ほととぎす
  呼んでも帰らぬ 若い日を

三島敏夫

カラオケ