笛吹川情歌

作詞 鼓  龍次 作曲 弦 哲也
            編曲 池多孝春   

昭和??年

唄 菊池章子

  風が吹く 風が吹く
     諸行無情と風が吹く

1風が吹く 笛吹川に
 かすかに響くよ 法螺の音が
 陣容甲斐の 小夜あらし
 我が子の無事を 案じつつ
 途端の日々の この苦しさは
 なまじこの世に 生まれた運命です
   風が吹く 風が吹く
     諸行無情と風が吹く


  山が泣く 山が泣く
     悲縁悲情と 山が泣く

2山の里 つつじが崎で
 幾末までもと 誓しも
 別れを惜しむ 禰々どのよ
 恨んでおくれ この母を
 心の痛み この哀しみは
 甲斐の女の 涙の雨が降る
   山が泣く 山が泣く
     悲縁悲情と 山が泣く
石和温泉郷 笛吹き河原での川中島合戦図