坊ケ峰音頭

作詩 角田永雄 作曲 渡辺和男


 唄 沢登昌英

唄 田みゆき

1 菜花れんげの 毛せんしいて
  秋は黄金の 甲州平
  眺めよいとこ 坊ケ峰ソリャ
  サアサおいでよ サアおいで
       

2 青葉若葉に 山ほととぎす
  もやにうるんだ 盆地のネオン  
  香る白百合 坊ケ峰ソリャ
  サアサおいでよ サアおいで
    
3 よぎる笛吹き 眼下にみつつ
  一市九郡 村また町の
  眺め開ける 坊ケ峰ソリャ
  サアサおいでよ サアおいで
    

4 甲斐の名勝 数ある中で  

   のぞむパノラマ 県下にわたり
   誇る十景 坊ケ峰ソリャ
  サアサおいでよ サアおいで


5 黄金千枚 埋もれる伝説
  繁る夏草 勝負が池に
  夢のあととえ 坊ケ峰ソリャ
  サアサおいでよ サアおいで
坊ケ峰旧境川村にあり山梨県の 国中をカバーするの電波塔がある

澤登昌英

田みゆき